大好きな365日の為に

債務整理について良く理解しよう

借金をすると、借りたお金を返済計画に従って返していく事になります。
しかし途中で収入が減る、追加融資を利用した為に月々の返済額が増えてしまった等の理由から、当初の計画通りに返済できない場合も出てきます。
どうしても返済できない、どんな方法を利用しても無理だと言う時に利用する救済措置が債務整理です。
借金の減額・免除が出来る物で、自分自身を借金の悩みから解放してもらう事が出来ます。
しかし安易に利用しても良い方法ではなく、それを利用すると事故情報としてブラックリストに掲載されてしまいます。
そうすると新規融資が出来なくなったりと何らかの制限が出てくるので注意しましょう。
債務整理は最終手段と認識しておく事が重要です。
まずは自分で返済する事を前提として、金融機関に相談したりおまとめローンを利用する事を検討するのも良いでしょう。
ただおまとめローン自体は4社以上からの借り入れがある時は利用出来ない事も有るので、どんな場合でも利用できる方法ではありません。
それでも返済できないと言う時は債務整理となります。
自分で申請したり金融機関と交渉する事もできますが、基本的には弁護士などに依頼する方が無難です。
法的な知識を利用して解決してもらう事が出来るからです。
ちなみに「まだ若いから」という理由で自己破産を控えるのは誤りです。

 

若いうちから自己破産するとどうなる?

 

むしろ、自己破産するなら若いうちの方がリスクが少ないとも言えそうです。

これで借金整理も怖くない!意外に知られていない自己破産のメリット

自己破産は、消費者金融や銀行のカードローンなどで借りた金の返済の見通しが全く立たない時に唯一問題解決できる合法な借金整理の1つです。
自己破産と言うと、直ぐに債権先の人が自宅に押しかけて借金分の家財道具を根こそぎ持っていくテレビドラマのような怖いイメージがありますが、実際は全く違います。
破産者でも基本的な人権が尊重され、最低限の生活を過ごす為の資金と必要な家電、家具などは手元に置いておくことができ、晴れて地方裁判所で免責が認められたら自由に職に就いて再び生活を再建し直す事ができます。
ただ自己破産で借金の残額がゼロになった見返りとして、約7年間は他の金融機関や信販会社で新規の融資をして貰う事は基本的にできません。
ですから、破産して暫くは自分でコツコツと収入を得ながら、金銭管理をしっかりして買い物も現金払いで行う生活を強いられる事になります。

 

又、自分が自己破産する事で他の家族の預金が没収されたり、就職などに迷惑を掛かるのでは?と心配をする人も多いですが、あくまで破産する人の借金が対象になるので、基本的に家族が同じダメージを被る事はありません。

 

 

自己破産はデメリット部分が圧倒的に多いと誤解されがちですが、常に借金返済に追われる心身の負担は大幅に軽減するので、収入が途絶えて返す術がない時は早めに法律事務所の無料相談などを利用して解決を図りましょう。

借金と法律との関係で理解しなければいけない事

借金と法律との関係で理解しなければいけない事についてお話していきます。借金においても法律によってある程度、定められています。

 

金融業者や友達それ以外の人からお金を借りる事になってきますと、借金を背負う事になってきます。そこで、この場合ですけど、あなたには債務が発生します。

 

つまり、法律的に返済しなければいけない義務が生じるわけです。もし返済できなければ、借りた相手から訴訟を起こされる可能性がり、強制的に支払いが命じられる可能性がありますので注意しなければいけないです。

 

ただ、借金をしてどうしても返済できない事があります。例えば金融業者から借金をしたけど、金銭的な理由から返済できない場合の処置としては、債務整理があります。みなさんがご存じの自己破産も債務整理の1つになってきます。

 

債務整理をしますと、借金の額が減額できたり、債務自体がなくなるというような感じになってきますので、借りた側からすると金銭的な面においてプラスになってきます。これも法で決められています。

 

ただし、債務整理をしますと、あなたの信用情報にこの事が記載されてしまいますので、一定の間、金融業者などから借り入れできない状態になりますのでその点は把握しておきます。

 

このように、借金についてはさまざまな規定があり、法律によって決められています。借りる側も貸す側もきちんと借金についての法律を時前に調べて、後で問題がおきないようにします。あまり知らないまま借金しないようにします。

法律的に借金が消滅するケース

消費者金融などからの借金は、きちんと返済しなければなりません。しかし、借金にも法律によって時効が定められているのです。と言っても何もせずに時効が成立するわけではなく、借金の消滅時効を成立させるにはいくつかの条件があります。

 

借金における時効は、消滅時効という種類の時効です。これは債権者が債務者に対して返済を要求する権利が消滅するという内容になっており、消費者金融が債権者の場合は5年間が消滅時効として定められています。

 

しかし、返済から5年間が経過したら返済義務がなくなるというわけではありません。借金を時効にするには、最終取引から5年間一切の時効の中断がなく、且つ債務者自身が借金の存在を認識していなかったと判断されていなければなりません。

 

債務者が借金の返済を踏み倒していれば、債権者は当然返済の請求をします。債権者が裁判上の請求を行うと、時効が中断されることになります。時効の中断があるとそこから更に5年間の時効が必要になってくるので、スムーズに5年間経過させて消滅時効を成立させることは困難だと言えるでしょう。

 

また、債務者自身が借金の存在を把握している場合、時効を成立させることは出来ません。例えば債権者である消費者金融に返済を待って欲しいと伝えてしまっている場合、借金の存在を把握しているということになって時効が中断されるのです。債権者からの返済請求等のアクションが一切なく、債務者自身も借金に関して言及を行わずに5年間を過ごさなければ時効にはならないというわけです。

 

仮にこれらの条件をクリアして時効期間を経過させることが出来れば、手続きを行って法的に借金を消滅させることが可能になります。非常に稀なケースではありますが、可能性としては皆無ではありません。